消化酵素と代謝酵素 | 酵素ガイド

酵素ガイド TOP > 消化酵素と代謝酵素

消化酵素と代謝酵素

以前の日本人の食生活では、肉よりも魚、魚よりも野菜が多く、味噌や納豆、漬物などの発酵食品をたくさん食べていました。
しかし、現代では、肉食が多くなり、バランスの崩れた食生活を送っている方が多いでしょう。

酵素は、生野菜や果物に多く含まれています。
しかし、酵素は熱に弱いため、加熱した料理だけでは、酵素が十分に摂取できません。
そのため、サラダや漬物を食べたり、朝食や夕食後などにフルーツを食べることが大切なのです。

また、酵素は、体内にある潜在酵素と、食べ物から摂取する食物酵素があります。
潜在酵素は、年齢とともに減少するため、食事から補給していく必要もあります。

潜在酵素はさらに、食べ物の消化に使われる消化酵素と、生命活動を維持する代謝酵素に分けられます。
消化酵素は、油を使った料理を食べると大量に必要になります。
そのため、油っこい料理ばかり食べていると、体内の酵素が消化ばかりに使われてしまい、代謝酵素が少なくなってしまうのです。

代謝酵素は、呼吸、運動、臓器の働きの維持など様々な場面で活躍しています。
そのため、代謝酵素が少なくなると、病気になりやすい体になってしまうのです。

体の疲れが取れない、何となくだるい、という場合は、代謝酵素が減少している可能性があるため、食生活を見直す必要があるでしょう。