体内で生産できる量 | 酵素ガイド

酵素ガイド TOP > 体内で生産できる量

体内で生産できる量

酵素は体内で大量に消費されますが、酵素を体内で生産できる能力は、年齢と共に衰えていきます。

例えば、中年になっても若い頃と同じように、脂っこい食べ物を好んで食べていると、胃もたれを起こしてしまいます。
これは、内臓の働きが衰えて、消化酵素が減っているため。

生まれたばかりの赤ちゃんの体内には、高齢者の100倍以上もの酵素が存在しているとされています。
この酵素を毎日消費しながら、私たちは毎日を生活しています。

また、主に睡眠時に酵素が体内で生産されていますが、酵素の量は増えずに減り続けます。
そのため、酵素をいかに上手に使っていくかが、健康や寿命に関係してくるのです。

体内にある潜在酵素を貯めておきながら、食事から食物酵素を摂取すれば、体内の酵素の減りは緩やかになります。
具体的には、以下のような方法を実践していきましょう。

食物酵素の摂取

果物や生野菜、発酵食品など、酵素を多く含む食品を食べるようにしましょう。
朝昼晩の三食に食べるようにすると効果的。
果物は朝食や食後のデザート、おやつ代わりに食べると良いでしょう。

少食

食べ過ぎると、消化酵素がたくさん使われるため、酵素が大量消費されてしまいます。
腹八分目を心がけましょう。

食生活の改善

基本的に、加熱した食べ物には酵素は含まれていないため、加熱したものだけの食生活は止めましょう。
必ず生野菜サラダやフルーツ、発酵食品を食べるようにします。
スナック菓子や清涼飲料水の過剰摂取も良くありません。

規則正しい生活

夜更かし、昼夜逆転の生活などは、体内リズムに良くありません。
規則正しい生活を心がけましょう。

ストレス解消

過度なストレスは、酵素の働きを悪くします。
適度に運動をしたり、趣味や好きなことをするなどして、ストレスを解消しましょう。