酵素の不足と病気 | 酵素ガイド

酵素ガイド TOP > 酵素の不足と病気

酵素の不足と病気

酵素が不足すると、体調が良くない、だるいなどの体の不調が出てきます。
この状態が長く続くと、がんなどの様々な病気の原因となってしまいます。

そのため、酵素を食事で補ったり、酵素を多く使わないような生活習慣にすることが、健康への近道。
体内の酵素を減らさずに生活すれば、病気にもならずに長生きすることができるはずです。

酵素は、1ナノメートルというとても小さいサイズの分子であり、顕微鏡で見ることはできません。
そのため、研究はなかなか進みませんでしたが、最近になってから、「たんぱく質に被われた生命物質」「生命活動に欠かすことができないもの」ということが分かってきました。

実際に病院では、がんや慢性疾患の患者に酵素医療という治療法を行ったところ、劇的な回復をする方もいたそうです。
このことから、酵素は人間の体にはとても大切な成分であることが分かります。
長寿と健康のためには、酵素不足を避けることが大切なのです。