消化酵素と病気の関係 | 酵素ガイド

酵素ガイド TOP > 消化酵素と病気の関係

消化酵素と病気の関係

人間の体内では、消化酵素と代謝酵素が作られています。

この二つの酵素は、密接に関係していて、消化酵素が不足すると代謝酵素も不足してしまいます。
反対に、消化酵素が十分にあれば、代謝酵素も十分に体内で生産されるのです。

1日に作られる酵素の量はほぼ決まっているので、代謝酵素を十分に作れる環境にして、代謝機能が上手く働くようにしましょう。
代謝酵素が不足すると代謝が悪くなり、免疫力が落ちたり、病気にかかりやすくなってしまいます。

代謝酵素を十分に作るためには、消化酵素の無駄遣いをやめるようにしましょう。

一番良いのは、普段の食生活を見直して、食事から酵素を摂ること。
食べすぎや飲みすぎをなくして、健康な生活を送ることも大切です。

また、消化酵素は、体内に入った食物を消化するために使われています。
炭水化物を分解するアミラーゼ、脂肪を分解するリパーゼ、たんぱく質を分解するペプシンなど、たくさんの種類があります。

これらの酵素が体内で栄養素が取り込まれやすくなるように、働いています。
取り込まれた栄養素は、血液によって全身に運ばれ、代謝酵素によって、細胞や血液、骨になったり、自己免疫力になります。
このような働きが、「新陳代謝」と呼ばれています。

病気にならないためにも、加熱した料理や油っこい料理ばかりを食べずに、消化酵素がたっぷり含まれている生野菜や果物、発酵食品などを積極的に食べて、体内の消化酵素を節約していきましょう。
消化酵素がたっぷりあれば、代謝酵素もたくさん作られて、新陳代謝が促進して免疫力もアップします。